--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2010.12.05 02:26

PICT0037.jpg

ディルのことをカンナダ語で、sabbasigi(サッバシギ)といいます
このサッバシギが、ディルだと知った時、え~っ、そうだ!そうだ!ほんとだ~
何で気がつかなかったんだろう~?!と嬉しい驚きで、何度も香りを確かめ
インドでディルと再会したことを、改めて喜んだのでした
もう2年ほど前のことですが…

若い柔らかい葉が、マーケットで束になって売られています
2束で5ルピー(10円)くらいでしょうか
2束も買えば大量!インドではイエローレンティル豆(ダル)と一緒に
煮込むのが、一般的な調理法です

こんなふうに扱っていたので、そのサッバシギがディルだとは…、結びつかなかったんですね~

ディルだと知って早速、作らなければならないのが、ディルできゅうりのピクルスです

ディルのピクルスとの出会いは、もちろん!Macのハンバーガーですが…(^^)

たしか北村光世さんの「ハーブさえあれば」のなかで
エッセイ風に書かれていたレシピを読んだのが、最初の出会いでした

これだ!探していたものは~~と、やっと宝物に出会えたような気分でした

そして初めて作ったディルのピクルスに、感動したのを忘れません
何と素晴らしいフレーバーをきゅうりに与えてくれることか!

今はもう我流でなんとでも作りますが、当初は、酢がイガイガしたり、塩が足りなかったり…
失敗も繰り返しました

ディルのピクルスは、色んなお料理に活用できて、たいそう重宝します

お友達にも随分自慢だったのが、なつかしいです

いつもは、水と酢と砂糖と塩を入れて作りますが、ローフードを実践したいので
加熱しない調理法で作りました

ビクトリアブーテンコVictoria Boutenko さんのレシピをアレンジしました
酢の入れないピクルス!!
とびきり塩分が利いていますが、最高のディルのピクルスです


dill.jpg

材料
きゅうり  6~8本
ディル   半束
塩     大さじ6
水     4カップ
ニンニク  4~5カケ
マスタードシード 小さじ1/2
胡椒ホール 粒少々

作り方
びんに、ヘタを落としたきゅうり、ニンニク、スパイス、ディルを入れ、塩水を注ぐ。
きゅうりがしっかり漬かるように工夫する。水をたしてもいい。
2日ほどで完成ヽ(^o^)丿

塩分が多い配合ですので、少しずつ食べてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ベジタリアン - ジャンル : グルメ

| ピクルス、アチャール | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。