--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2011.01.06 17:00


美しい
DSC_0478.jpg
美しすぎる(^O^)!発酵バターです

日本では、牛乳は「もういらない志向」でしたが

インドでは放牧された健康な牛の新鮮な牛乳が手に入ります

アーユルベーダでは、ギーはブレインフードとして積極的に取り入れることを勧められています

ギーは、この真っ白なキラキラの生バターから、さらに不純物を取り除くために

一定の時間加熱させたものです


DSC_0519.jpg

農家の方から頂きましたありがとう

発酵バターは、牛乳を低温殺菌させ、冷ましたあとに油脂の部分が固まります

その部分をすくい取って集めたものです

その際、腐らないように、本家の母は、ヨーグルトを混ぜていました
 
そして生クリームを集めること数日

油脂を分離させるために、クリームを一生懸命、撹拌します

そして分離した油脂が発酵バター(マカーン)

残りの液体が、バターミルクとなります


DSC_0524.jpg

バターミルクは、我が家では、砂糖やカルダモンを混ぜてラッシーにして飲んだり

バターミルクのカレースープ(サ―ル)にしたり

普段のカレーに加えたり

でも今のように冬の季節には、体を冷やす食品ですので歓迎されません

真夏に冷た~く冷やしたスパイシ―な塩味のバターミルクが

体もブレインもクールにしてくれるようです


ギーの作り方

ghee_20110105041117.jpg
1~4.マカーンを中火にかけます。無塩バターなら2本くらいですると失敗が少ないです。
   焦げないように、煮立ったら火加減は弱める。最初は細かい泡がたくさんでる。
5.泡が盛り上がってくるので吹きこぼれに注意。(大きめのお鍋を使いましょう)
6~9.不純物がだんだん浮いてきます。まだまだ辛抱して加熱。混ぜないこと。
10.泡が透明に、大きくなったらそろそろ終了のサイン。とてもいい香りが漂っているはずです。
   キャラメルのような、甘~い香り。
11.最後に水をほんの少しギーにたらし、カラカラ…と言う音がしたら完成ヽ(^o^)丿
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : インド料理 - ジャンル : グルメ

| チャツネ&ソース、調味料 | コメント(5) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

ナヤー サール ムバーラク

我が家も毎日ドゥードワーラーから2リットルの牛乳を買い、熱して浮いたチーズを集め、月に1度はギー作りしていました。
写真のマカーン。とてもきれいですね。
なかなかこんな風にきれいにはできなかったなぁ。
ああ、懐かしいインドライフ。
新鮮な本物の牛乳が手に入る暮らしが懐かしいなぁ~。

| sameera | URL | 2011.01.07 12:43 | 編集 |

Re: ナヤー サール ムバーラク

sameeraさんのHPでも詳しく紹介されていますね。
とても丁寧で、かなり参考になりますよ。
日本でギーを作る人はみんなsameeraさんのHPみて、作るんじゃないかしら。。。!(^^)!
ギー作りは、カリスマのブログでもやってますんで、またかよ!ですが・・・(^_^;)
とてもたくさんのマカーンをいただいたので、そしてあまりにきれいなマカーンなので・・・
お披露目したかったんです~(^_^;)

インドに帰っておいで~(^o^)/
sameeraさんがいるころ、インドにくればよかった(来てたけど、すれ違いだったみたい?!)
もっと早くからお友達になりたかったね~
プーネはここから陸路で行ける距離(半日)ですから近いんですよ~

| peaceful child | URL | 2011.01.07 16:20 |

とてもきれいですね(*^_^*)

読ませていただいてわたしも早速作りたいと思いました!
本文で出てくる生クリームとは、

牛乳を低温殺菌させ冷ましたあとに油脂の部分が固まり、
それをすくいとって集めたもの

のことでしょうか?(^o^)/
ぜひ教えてください(*^_^*)

| かおり | URL | 2011.03.19 15:01 | 編集 |

Re: とてもきれいですね(*^_^*)

v-22お返事がおそくなったようでごめんなさい。
最近、地震の影響で、なかなかブログをみていませんでした。

ご質問の件ですが、低温殺菌牛乳をわかして出来る膜、程度では、バターは集められないと思います。
無加工の生乳でないと、ぼってりした生クリームは出てこないです・・・
残念ながら市販牛乳では、マカーンを集めるのは無理です。

でも市販の生クリ―ムなら、撹拌し続けるとバターになりますね。
それでも、ギーを作るために生クリームを買うのは、不経済ですね~

日本では、無塩バター(200g)を2本用意し、ブログの手順に従って火にかけて下さい。
とっても香りのいいギーができますよ。
チャパティーにギ―、最高のごちそうです☆(^o^)/






> 読ませていただいてわたしも早速作りたいと思いました!
> 本文で出てくる生クリームとは、
>
> 牛乳を低温殺菌させ冷ましたあとに油脂の部分が固まり、
> それをすくいとって集めたもの
>
> のことでしょうか?(^o^)/
> ぜひ教えてください(*^_^*)

| peaceful child | URL | 2011.03.21 18:53 |

最後、ギーをフィルターやザルなどで漉しとるのですか?分離した不純物は通常捨てるのですか?

| いとう | URL | 2013.07.26 11:21 |

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。