--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2012.10.11 17:56


インドのレモンは皮が薄くてジューシーです

lemon.jpg


レモネードにしたり
お料理の風味付けに
ピクルスに
美容に
発酵ジュースや、酵母に・・・

大変重宝します


しぼった皮は乾燥させて、ヘアケアに使うこともあります


でも、もっとすてきな使い道をみつけました


絞ったあとの皮に、水と砂糖を加え、寝かして発酵を促したら・・・
微炭酸のおいしいレモンジュースになりました!

失敗なしで発酵させるには、COBOさん(ウエダ家)のやり方
(冷蔵庫で数日寝かす方法)がよいと思います



CIMG7796.jpg


絞ったレモンかすをビンに集めて
水を容器の上9分目くらいまで入れ、砂糖を適宜加え(小さじ2くらい)
常温で置きます

CIMG7931.jpg


1~2日後には発酵でふつふつ泡してきます!

これを飲んだら微炭酸のレモネード、というわけ



さらに、発酵がうまく行っていたら
何度も同じように水を加え、砂糖も加え
半日~1日でまた発酵ジュースができます


インドはだいたいいつも平均27-30度くらいですから
わりと乳酸菌~酵母にはよい気温でしょうね

発酵が進みすぎると、ちょっとふわふわいい気持ちになりますので
(アルコール発酵したような)お気をつけあそばせ(笑)



さてさらに・・・
何度も水足ししたレモンちゃんは、ちょっと白ぶよしてきます


CIMG8011.jpg


それに、塩、砂糖、チリパウダー、マスタードパウダー、ヒングパウダー(アサフェティダ)、にんにく
を加えて寝かせると、めっちゃおいしいピクルスになりまーーす!!!!

大発見!!!

CIMG8015.jpg



しかも、辛子明太子の味!!!!!!

べジなのに・・・インドで辛子明太子とは、感激デス

酵母の働きのおかげでしょうか

ヒング(アサフェティダ)もいい仕事してます

熟成された味のピクルスが一晩で完成

CIMG8016.jpg


保存ビンには塩を塗って蓋をします


CIMG8125.jpg


マスタードパウダーのかわりに、太陽のマスタード(上写真右)を使用しています


レモンの発酵液(上写真左)も
工夫次第でいろんな用途に使えます

つけもの(我が家では主に即席沢庵やピクルス)のお助けに
ドレッシングに
スイーツに
サブジやピラフに・・・などなど

CIMG8122.jpg

HOT&HOTグリーンチリ・ピクルスもレモン酵母液を加えると早く漬かった


日本のアメリカ産レモンでは皮が厚いかもしれません
どちらかというと、ライムっぽいレモンです


無駄にしないで
おいしいものができると
とってもうれしいです



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : インド料理 - ジャンル : グルメ

| ピクルス、アチャール | コメント(2) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | | 2012.10.26 03:53 |

Re: タイトルなし

なかよしの友達とお料理教室って本当にたのしいね!
インド料理の教室に、ぜひアイデア使ってね!
うれしいです。
それでこそブログ書いている甲斐があります~☆
紹介してくれるなんてうれしいです。

お料理といい、インド舞踊といい・・・えりさがそんなにインド好きってしらなかったよ~~。
うれしいなぁ~~。

今、健康のために日本で発酵食品が流行ってるんですね。
酵母や乳酸菌もおもしろいですよ。
豆乳ヨーグルトは、抗がん作用に効くそうですね。
発酵、生き物だからはまったらやめられないよ、おもしろくって。

がんばって更新するね。
写真の加工がめんどうで、なかなかすすまないの、とほほ。



| peaceful child | URL | 2012.10.28 13:42 |

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。