--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2012.01.27 00:12


アンマのマサラチリです。

本家で使うマサラは、
この マサラ・チリ
サンバル・パウダー(マサラ)
だけで、ガラムマサラは使いません。

ガラムマサラはノンべジの料理に
広くつかわれるものだと思います。
肉の臭みをけすのにいい働きをするので。
もちろん、豆や野菜のカレーにも使われますが
カルダモンやクローブなどの香りスパイスは
淡白な野菜にはちょっときついように思います。
もともと北インド料理に使われるブレンドで
南インド料理には、南インド独特の
ブレンドがあるんですね。

たとえば、マサラ・チリみたいに・・・・・・・



マサラチリ


アンマのマサラ・チリ

チリ(乾燥赤とうがらし)  50本くらい 天日でよく干す(パリッと折れるくらい)
コリアンダー        大さじ1   フライパンで軽く炒っておく
クミン             大さじ1        〃
シナモンスティック     3~4本       〃
べイリーフ           3~4枚       〃
ドライ・ココナツ      1/2個    スライスし、フライパンで色づく程度に炒っておく 
玉ねぎ           小2個    フライパンに油を熱し濃い茶色に炒める   
にんにく          一塊     フライパンで軽く炒める 
塩              小さじ1
油              大さじ2

それぞれ下ごしらえした材料を冷まし、ミキサーにかけ粉砕する。
陶器の小壺にて保存。
室温で長期保存可。



用途
パッレー(サブジ)の調味料として。
そのままチャツネ同様、ヨーグルトと混ぜてチャパティーやロティ-、ごはんと供す。
    (・・・ってとてもロ-カルな頂き方だけど、家庭的であります☆)









関連記事
スポンサーサイト

| 自家製スパイス・ハーブ | コメント(2) | |

この記事へのコメント

カービングにご興味があると聞いて、うれしいです。本は私も持っていますが、タイでたくさん売っています。でも ナイフの角度やら入れ方は分からないとおもいます。インドにはお教室はありませんか?  
三年半滞在 すてきですね。お仕事でしょうか? パン毎回とてもおいしそうです。天然酵母のバケット涎がたれそうになりました。インドのお洋服が大好きな私は「チャイハネ」で昨日もドレスを買いました。 日曜日のパーティに来ていこうと思っています。いいな~~インド 、帰国をされたらお料理教室を開かれますか?ぜひとも開いてほしいです。

| Kate | URL | 2012.01.27 14:20 |

Re: タイトルなし

インドに教室はありません~残念ながら。(私の住む地域には)
本をみても角度とか、やはり実践でならわないとわからないんですね。

わたしはインド人と結婚して日本で12年ほど暮らしたんですけど、インドでも暮らしたくなって
子供も留学させたかったし、夫の仕事の都合もあり思いきって移住しました。
でも、やっぱり日本に帰ろうと思ってます、いつかね。

チャイハネって知らなかったのでネットでしらべてみました。^^;
とても面白そうなお店ですね。
新しい人との出会いは、いろんな見聞が広がってたのしい、わくわく!
これからもよろしくお願いします。
こちらこそ、カービング教えてくださいませ。

| peaceful child | URL | 2012.01.27 17:27 |

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。